保坂電機工業所 交流可変速モータ リニューアル例

保坂電機工業所(HEE)ロゴ

TOP > サービス紹介 > FAシステムリニューアル > 交流可変速モータのリニューアル

印刷時にはJava Scriptをオンにして下さい。Java Scriptがオフになっていると印刷が途中で途切れる場合があります。
尚、Java Scriptをオンにすることで起こる、お客様側のあらゆる損害について、弊社は責任をもちませんのでご注意ください。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

1. 交流可変速モータのリニューアル例

生産中止機種型式
交流可変速モータ 可変速ユニット メーカー
ASN-B ASC-A1 三菱
HCJ- HC-CTL 日立
PCFJ- PCF-CTL 日立
VBOZN CVSR- 安川
EC- ECP- 東芝

   

推奨リニューアル例

最新のインバータと定トルクインバータモータの組み合わせによる更新を推奨します。

(例)

定トルクインバータ

SF-HRCA(三菱)

インバータ

FR-A700シリーズ(三菱)

更新前

レベラに交流可変速モータと、可変速ユニットを使用。
古い製品を使用している制御では、加減速の精度が甘く、不良品の頻発や製品にキズがつきやすくなります。
また、旧製品は最新の製品に比べて、消費電力も大きいので電気代等の運用コストも、かかります。
工場のラインを、毎日動かさなければならない場合、運用コストも馬鹿になりません。



更新後

交流可変速モータと、可変速ユニットを、最新の定トルクインバータモータとインバータに置き換えました。
加減速精度が向上し、それに伴い、不良品の減少、製品にキズがつく等の現象も減り、生産性も上がりました。
また、新しい製品を使用することは、消費電力を抑え、電気代のコストダウンにもつながります。


FAシステム リニューアル(システム更新/改造工事)

安心の1年保証付き!!!

 当社では、お客様のご要望と下記の4点を最重要項目として、更新機器の選定提案をしております。
また、リニューアルをご注文頂いたお客様には、注)1年間の動作保証を無償(不具合部品の取り換え、調整等)で行っておりますので、安心してお任せ下さい。

1) 高効率の機器に取り換える。
2) 取付互換性の高い製品である標準品を選定する。(お客様のご指定があれば、それに従う。)
3) 制御システムを工夫し、高効率かつ省エネを図る。
4) 多品種少量生産に対応するために、タッチパネルを採用し品番管理システムを導入する。

注)動作保証についての注意事項
  1.この動作保証は、当社が原因であるものに限ります。
  2.お客様側での過失、プログラムの変更等にによる不具合はこの場合ではございません。

ENTER